カテゴリー別アーカイブ: 単語

英語を得意科目にするためには

日本人にとって、もっとも身近な外国語といえば英語ですね。中学、高校では必須科目として六年間学ばざるを得ないですし、大学に入っても語学の授業が必須単位に含まれることがほとんどなので、どうしてもフランス語や中国語を学びたいという人以外は、大方の人が英語の授業を選択します。イギリスやアメリカ留学などを考えていない人であっても、やはり最低限の英語を身につけることで、社会に出たときに大きな自信に繋がることは確かです。とはいっても、どうしても慣れない文法や、似たり寄ったりの単語が、日本人には難しく感じ、まして長いリスニングなどは、それらがある程度、頭に入っていないといけないので、文法、単語、それぞれ勉強しなければテストで点が取れない科目です。ここで、一つアドバイスがあります。まずは、一つでも多くの単語を覚えて下さい。文法は後回しでも構いません。単語とジェスチャーだけで外国人との会話が成り立つという経験談は良く聞きます。文法の理解力も大事ですが、将来の過程として学ぶ大半の人は、ひとつでも多く単語を覚えると良いでしょう。また、大半のテストが、単語の穴埋め、単語を並び替えて文法を考え、正解の英文を作ること、そしてリスニング力を求められます。文法を考えようにも、それを構成する単語の意味があやふやでは、たとえばどれが名詞でどれが動詞で、接続詞はどれかなど根本的なことが理解されてないまま、選択肢の単語が過去形だから、現在形だから、未来形だから、そんなあやふやな感覚でなんとなく理解したつもりになってしまいます。単語の勉強法としては、書くことよりも繰り返し口に出し、同時に日本語の意味を何度も確認する方法をお勧めします。